SURFACE3(サーフェス3)レビュー感想評価評判:価格(値段)


<<<まずは!今、話題の記事を紹介します!(随時更新)>>>

格安スマホとは!?通信費用を半端なく節約する方法

Huawei P9:ほぼプレミアム級

XPERIA X PERFORMANCE:微妙・・

そろそろ発売!Galaxy Note 7の最新情報をまとめます!

もうすぐ発売!iPhone7の最新情報をまとめます!

間もなく発売!iPhone7 Plusの最新情報をまとめます!

いつかは発売!Apple Watch 2の最新情報をまとめます!

そのうち発売!Xperia Z6の最新情報をまとめます!

おそらく発売!Zenfone 3の最新情報をまとめます!

Huawei P9 Lite:おすすめの一品

Huawei Y6:初心者,子供,年配者のスマホ

HTC 10:来たれ!ブームサウンド!

GALAXY S7 / GALAXY S7 EDGE : アンドロイド王者!?

iPhone SE : 4インチ最強

iPad Pro 9.7インチ : 俺のアイパッドがこんなに・・・

MOTO X PLAY : バッテリー最強

ZENFONE MAX : 上には上が

LG G5 : Waku-Waku!!

Honor6 Plus : いいのかこの価格で!




*スポンサードリンク*





お知らせExpansysでは夏のクリアランスセールを実施中!SIMフリー版GALAXY S7 / GALAXY S7 EDGEiPhone SELG G5XPERIA X PERFORMANCEの注文も
受け付けています。
ドコモとau、ソフトバンクからXPERIA X PERFORMANCEが発売されました。詳しくはこちら
楽天モバイルでは、Honor 6 PlusDesire 626Liquid Z330Zenfone 2 Laser
Mate SZenfone 2Zenfone Selfie端末の割り引きキャンペーンを
実施しています。(8/1まで)
BIGLOBEでは「ライトSプラン/12ギガプラン」が最大2ヶ月間月額料金無料です。(7/31まで)
OCNモバイルONEで12ヶ月間データ増量キャンペーンが始まりました。(8/31)
Toneで今契約すると、事務手数料3000円+基本プラン月額最大6ヶ月分無料が
割引きとなります。
Y!mobileでは12ヶ月間基本使用料1000円割引きキャンペーン実施中です。
ソフトバンクへの乗り換えでキャッシュバックが貰える おとくケータイは現在
IPHONE 6SIPHONE SEXPERIA Z5NEXUS 6Pなどの最新機種を扱っています。
全てのMVNO情報はこちら / 全てのキャンペーン情報はこちらをどうぞ。




*スポンサードリンク*





********************************************************************************
ここから本文です。



 

MICROSOFT SURFACE 3(マイクロソフト・サーフェス3/サーフェイス3)の
日本発売発表は静かなものでした。予想はしていたものの、
こんなに唐突に行うとは思いませんでした。
もっと大々的に行っても良かったと思いますがね・・。
MICROSOFT SURFACE 3は今までのRTシリーズとは
違いますから。
SURFACE RTとSURFACE2は既存ウィンドウズデスクトップ
アプリケーションを実行できないという致命的な
弱点を持っていました。でも今回公開された
SURFACE3は違います。インテルプロセッサーを採用、
既存WINDOWSアプリを活用することが出来ます。
OSは勿論、フルバージョンのWINDOWS 8.1。
そしてWINDOWS 10がリリースされ次第、ウィンドウズ10へ
アップグレード予定です。
今までとは一味違うサーフェス3/サーフェイス3、
これから調べてみましょう。

 

 

 

 

MICROSOFT SURFACE 3(マイクロソフト・サーフェス3/サーフェイス3)レビュー感想評価評判:スペック(仕様)

 

 

 
まずはスペックから。(日本国内発売・一般モデル)

 

 

 
OS:WINDOWS 8.1 UPDATE(64bit)
アプリ:Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス (Word、PowerPoint、Excel、OneNote、およびOutlook)搭載
面積:187*267*8.7mm
重さ(重量):622g(4G LTEモデルは641g)
CPU:INTEL ATOM X7プロセッサー(クアッドコア)
RAM:2GB(64GBモデル)/4GB(128GBモデル)
ストレージ:64GB/128GB
ディスプレイ:10.8インチ(アスペクト比3:2)1920*1280ドット解像度
キックスタンド:3段階
カメラ:8.0メガピクセルメインカメラ/3.5メガピクセルサブカメラ
その他:USB 3.0, MINI DISPLAYPORT, microSDメモリカードスロット、
ヘッドセット端子、マイクロUSB充電端子(USB 2.0データ通信対応)、
NANO-SIMカードスロット、無線LAN(802.11 a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0
周波数:4G LTE* : Band 1(2.1Ghz), Band 3(1.7Ghz), Band 8(900Mhz)
3G : Band 1(2.1Ghz), Band 8(900Mhz)対応

 

 

 

MICROSOFT SURFACE 3(マイクロソフト・サーフェス3/サーフェイス3)レビュー感想評価評判:CM動画

 

 

 
SURFACE3のCM動画と紹介動画です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
MICROSOFT SURFACE 3(マイクロソフト・サーフェス3/サーフェイス3)レビュー感想評価評判:デザイン

 

 

 
SURFACE3の外観は・・・SURFACE PRO 3
(サーフェスプロ3)と殆ど変わらないです。
製品品質(クオリティ)はプロ3と同じくとても堅牢で、
ちょっとやそっとじゃ壊れそうにないです。
画面サイズのみが目で見てすぐ把握できる違いです。
SURFACE PRO 3のディスプレイは12インチですが、
SURFACE3は10.8インチディスプレイを装備しています。
厚さは8.7mmに削られました。カバーを付着しても13.6mmに
過ぎません。よって重量も軽くなっています。
たったの622g。(4G LTEモデルは641g)
タブレットとしては厚さ6.1mm、質量437g
(WIFI+CELLULARモデルは444g)のIPAD AIR2に負けますが、
ノートパソコンとしてはDELL XPS 13(15mm, 1.3kg)や
YOGA 11インチ(15.8mm, 1.1kg)を圧倒します。

 

 

 

日本国内発売のSURFACE3一般ユーザー向けモデルは
2種類あります。
SURFACE 3 (4G LTE)(CPU:ATOM x7 メモリ:2GB ストレージ:64GB)と
SURFACE 3 (4G LTE)(CPU:ATOM x7 メモリ:4GB ストレージ:128GB)モデルです。
プロセッサーは同じインテルプロセッサーで、
ファンが無いので騒音が殆ど発生しません。
海外版と違う点はOffice Premium プラス Office 365 サービスが
永続的に提供されること。
ポートはSURFACE PRO 3と同じくUSB 3.0端子、ミニディスプレイポート、
マイクロSDカードスロットが備えられています。
でも、プロ3と完全に同じ、というわけではなく、
サーフェイス3では独自の充電方式を放棄、
標準マイクロUSBポート方式を採用しています。
これで一般携帯の充電器でも充電できるようになりました。

 

 

 
キックスタンドは3段階方式になっています。
前作の2段階よりはいいですが、全ての角度で
固定できたSURFACE PRO 3と比べると若干不便に
なったのは否めません。
ま、それでも自分の場合、3段階でも十分でしたけど。
そして全体的にPRO3より小さく、軽く、スリムになりました。
持ち歩きやすくなったのは当然のことです。

 

 

 

 

MICROSOFT SURFACE 3(マイクロソフト・サーフェス3/サーフェイス3)レビュー感想評価評判:ディスプレイ

 

 

 
SURFACE3の1920*1280ドットスクリーンは美しいです。
アスペクト比が3:2なので16:9だったSURFACE2より
ネットサーフィンを楽しんだり電子書籍を読むのに
便利です。画素密度は214ppiで、SURFACE PRO 3や
RETINA MACBOOKに近い数値です。
文字も画像も鮮明で読みやすいです。
カラー再現も正確で、視野角も広い方ですし、
ホワイトバランスは薄く黄ばんでいるようにも見えますが、
他の端末と横に並べて比べない限り気づきにくいでしょう。
明度も高く、野外でも問題なく扱うことが出来ます。
ウィンドウズを搭載した端末の中でこれほどの
ディスプレイを備えたものはほぼありませんでした。
それほどサーフェス3の画面は見事なものです。

 

 

 
サウンドクオリティも印象的でした。
ステレオサウンドは高低音共にしっかりしていて、
やすっぽい感じがしません。音量も充分です。
8メガピクセルカメラは前作(SURFACE2)のカメラより
確実に進歩しています。最近のスマートフォンカメラほどでは
ありませんが、露出も、ホワイトバランスも、鮮明さも
期待以上でした。

 

 

 

 

 

 

 

MICROSOFT SURFACE 3(マイクロソフト・サーフェス3/サーフェイス3)レビュー感想評価評判:タイプカバー(キーボード)

 

 

 
タイプカバー(キーボード)はサーフェスシリーズにとって
最も重要なアクセサリーです。それをマイクロソフトも
知っているためか、毎年改善を図っています。
過去サーフェスプロ3と共に現れたキーボードは中々の
ものでした。
そして今回現れたタイプカバーキーボードは・・・
なんと、それ以上のものでした。
確実に打ちやすくなり、タイプ感が向上したのが感じられます。
これはもう・・・直接打ってみて下さい、としか
いいようがありません。
SURFACE PRO3キーボードがただ小さくなっただけじゃ
ないんですよ、これが。
機能キーも検索、共有、設定などあまりユーザーが
使わないのが省かれ、明度、INSERT, PRINT SCREENなど
実用的なキーに代わりました。
ただし、タイプカバーのサイズ自体が小さくなったことで
一部キーも小さくなっています。TABとCAPS LOCKキーです。
タッチパッドもやや短くなっています。
これらは仕方のないことかも知れません。
その代わり、といってはなんですがタッチパッドの
反応はより速やかになりました。
カラバリはブラック、シアン、ブルー、レッド、ブライト レッドの5色。
全体的な評価は・・数年前のキーボードとは比べ物にならないほど
目覚ましい発展だと思います。
ちなみに、SURFACE PRO 3キーボードをそのまま
使うことも出来ます。サイズは合いませんが。

 

 

 

 

 

 

 

 

MICROSOFT SURFACE 3(マイクロソフト・サーフェス3/サーフェイス3)レビュー感想評価評判:SURFACE PEN

 

 

 
サーフェスペンのカラーバリエーション(カラバリ)は
シルバー、ブラック、ブルー、レッドの4色で、
それ以外はサーフェスプロ3ペンと同じです。
以前と同様、ノートをとったり、画像を編集したりする時非常に便利です。
残念な点は別売りなので追加料金を支払わなくちゃならないことです。
よって、WACOM技術が取り入れられた高性能デジタイザペンでは
ありますが、人によって買わないケースも多いと思います。
あ、そうそうもう一つ、ペンを使わないとき置く場所がないのも
惜しい所です。適当にキーボードの上に置くしかないです。
キーホルダーも別売りで売っていますが・・・
これ位タダで入れて欲しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

MICROSOFT SURFACE 3(マイクロソフト・サーフェス3/サーフェイス3)レビュー感想評価評判:性能(パフォーマンス)

 

 

 
SURFACE RTもSURFACE 2も大して遅いとは思わなかったです。
でも、使えるアプリがモバイルに最適化された
一部アプリだっただけに、デスクトップアプリを
実行するサーフェイス3は果たしてどんな様子なのか気になりました。
結果は・・・
期待以上。
サクサクです。
ATOMチップは過去しょぼかった初期モデルのせいで
イメージが相当悪い方ですが、今回の新しい
ATOM X7チップからはそれらの悪いイメージを払拭できそうです。
ネットを閲覧したり、ページを複数開いたり、
マルチタスクをしたり、アプリを複数同時に開いてみたり
動画を見たり・・
デスクトップ用アプリでも実行速度が遅くて
イライラすることは「殆ど」なかったです。
ただ、なぜ「殆ど」がついたかというと・・・・
たまにカクカクすることもあるからです。
やはりコアiシリーズのようなパワフルさは
ないです。重いアプリを実行する時は
PRO3の時より数秒起動が遅れたりします。
動画編集などの作業をする時もモタつきます。
でも・・・最新3Dゲームをプレイしたり動画編集を
するためにSURFACE3を購入する人は(多分)いないのでは?
OFFICEなどの仕事用アプリは快適に作動しますし、
ネットサーフィンも問題ないですし、
それで本来の目的は果たしていると思います。
また、マルチタスクですが、自分が使ったモデルは
4GB版です。2GB版の場合はどうなのか確認していません。
でもおそらく4GBと2GBの差は結構あると思います。
もしサーフェイス3の購入を検討中なのであれば、
4GB版をおすすめします。

 

 

 



DIABLO 3くらいなら・・・

 

 

 

 

 

MICROSOFT SURFACE 3(マイクロソフト・サーフェス3/サーフェイス3)レビュー感想評価評判:バッテリー寿命

 

 

 
マイクロソフト社はSURFACE 2と同様、SURFACE3も
10時間の動画再生時間を提供すると主張しています。
これは本当でしょうか?
結論からいいますと、本当かも知れませんし、
そうじゃないかも知れません。
モバイル環境に最適化されたアプリケーションだけ
利用すると1日位は問題ないですが、デスクトップアプリを
使うとちょっと微妙です。
デスクトップ用アプリの方が確実にバッテリーの消耗が
激しいです。
自分はネットを閲覧したり、動画をみたり、
OFFICEアプリを利用する程度だったので10時間持ちました。
これなら軽い作業なら1日は余裕、と言えます。
しかしデスクトップ用3Dゲームをプレイしたり、
PHOTOSHOP(フォトショップ)で作業していたら
7時間くらいしか持ちませんでした。
さらにこれは駆動時間を測ったわけではありませんが、
WINDOWS EXPLORER(ウィンドウズエクスプローラ)より
CHROME(クローム)の方が電力消耗が激しい気がしました。
まとめると・・・SURFACE 3のバッテリー寿命はごく「普通」と言えます。
驚くほど良くもなく、だからといって使えないほどしょぼくもなく。

 

 

 
ここで注目したいのがマイクロUSB。
サーフェイス3にMicroUSBが導入されたのは
祝福と言えます。これからはサーフェス3用の
充電器を別途用意する必要はないのですから。
アンドロイドスマホ用の充電器をそのままつなげて充電が可能です。
これは吉報に間違いなし。
それにスマホ用の外部バッテリーパックも
そのまま利用することが可能です。

 

 

 

 

 

MICROSOFT SURFACE 3(マイクロソフト・サーフェス3/サーフェイス3)レビュー感想評価評判:結論

 

 

 
前作であるSURFACE RTとSURFACE2は「失敗作」と言っても過言ではありません。
各ITサイトの評価も、評判も、口コミも、ネットユーザーの感想も、
売り上げもイマイチでした。
失敗の一番の原因は紛れもなくフルウィンドウズOSの不在です。
OSがウィンドウズなのに今まで愛用してきた既存ウィンドウズアプリを
利用できなかったのです。
このようなハンデは、SURFACE3になってようやく解消されることとなりました。
WINDOWS 8.1が搭載されたのです。(今後WINDOWS 10へアップグレード予定)
SURFACE 3に対する世間の期待が高まったのは当然のことです。

 

 

 
ここではそんなMICROSOFT SURFACE 3(マイクロソフト・
サーフェス3/サーフェイス3)をレビューしたわけですが・・・
結論はというと・・・・SURFACE3は優秀な端末でした。
性能はPRO 3に及びませんが、スムーズに動作しますし、
軽いし、小さいし、頑丈で、ディスプレイは鮮やかで、
OFFICE PREMIUMまで付いています。
携帯性(モビリティ)がグンとアップし、場所をしょっちゅう移動しながら
仕事をする人には最適のデバイスになりました。
バッテリー寿命もスピーカーの音質もカメラも中々です。

 

 

 
しかし、いざこれを友人や知人におすすめしようと
すると若干戸惑ってしまいます。
なぜなら・・・値段が高すぎるからです。
このレビューで扱ったサーフェイス端末(4GB 128GBモデル)が
91,800円(税抜き)。2GB/64GB版も81,800円です。
海外版サーフェス3・WI-FI版に比べると3,4万円ほど高いです。
勿論、日本に発売されている「一般向け」SURFACE3端末は
4G LTE版なのでSIMを購入すると4G LTE網を使用できるわけですが・・・
(注:Surface 3 (4G LTE) はソフトバンクモバイル(ワイモバイル含む)の
ネットワークのみ相互運用テストを行い検証したそうです。
つまり・・・SIMフリー版ですからどこでも利用は可能ですが
AUやDOCOMOだと周波数が異なり速度が遅くなる可能性があるということです。)
それでも価格が高い気が猛烈にするのは否めません。
それにキーボードやペンは別売りなので必要な場合
追加料金が必要となります。
(キーボード・タイプカバーは15,680円、SURFACEペンは5,980円
共に税抜き)
これらを加えると値段は急上昇、サーフェイス3より高スペックな
ウィンドウズラップトップ(ノートPC)やタブレットの代表格ともいえる
最新IPAD AIRをも買える額になります。
だからSURFACE3を買おうとしている人はもう一度
確認しておく必要があります。
本当に自分にウィンドウズタブレットが必要かどうか。
ゲームをしたり、ネットサーフィンをしたり、読書したり、
動画をみるだけなら一般タブレットの方がいいです。
家でだけ使う場合はキーボードが最初から装着されている
ラップトップや、より高性能で画面が大きいSURFACE PRO 3の方が
適しているでしょう。
SURFACE3はその狭間に位置する端末です。
場所を移動しながらOFFICEなどの業務用アプリケーションを
利用したいユーザーを対象にしています。
WINDOWS OSに慣れ親しんだユーザーも惹かれるでしょう。
なんだかんだ言ってこれほどクオリティの高い
ウィンドウズタブレットを他に探すのも難しいですしね・・
マイクロソフトが直接デザインしたフラグシップ端末という点も魅力的です。
購入希望の方は、近くのY!mobile量販店を訪問、直接触ってみて下さい。

 

 

 

販売先:Y!mobile, Microsoft

 

 

 

アクセサリー等は楽天ヤフーショッピングで購入できます。

(楽天の場合、楽天カードを利用するとポイントが2倍貯まり、

ヤフーショッピングはYJカードを利用すると還元率が3倍になります。)

 

 

 

 

レビュー(2)続編はこちら

 

 

 

アップデートSURFACE PRO4、登場。






アップデートY!mobileだけでなくMICROSOFTでも

SURFACE 3を販売しています。詳しくはこちら




*スポンサードリンク*







最新記事

SURFACE3(サーフェス3)のディスプレイ(画面サイズ),SIMフリー,重さ,厚さ,カラー(色),防水,動画

SURFACE3(サーフェス3/サーフェイス3)LTEレビュー:キーボード,バッテリー,ペン,日本価格(値段)購入,カメラ

MICROSOFT SURFACE3(マイクロソフトサーフェス3)レビュー感想評価評判:スペック(仕様),CM,OS,USB





格安スマホ&ガジェット情報

格安スマホ(格安SIM・MVNO)比較,端末,おすすめ,料金プラン,評判,評価,デメリット,口コミ

格安スマホ比較!格安スマホとは?通信費用を格安SIMで半端なく節約する方法!

MVNO(格安スマホ,格安SIM)キャンペーン情報比較(随時更新)

Huawei P9:ほぼプレミアム級

XPERIA X PERFORMANCE:微妙・・

そろそろ発売!Galaxy Note 7の最新情報をまとめます!

いつかは発売!Apple Watch 2の最新情報をまとめます!

そのうち発売!Xperia Z6の最新情報をまとめます!

Huawei P9 Lite:おすすめの一品

おそらく発売!Zenfone 3の最新情報をまとめます!

もうすぐ発売!iPhone7の最新情報をまとめます!

間もなく登場!iPhone7 Plusの最新情報をまとめます!

Huawei Y6:初心者,子供,年配者のスマホ

HTC 10:来たれ!ブームサウンド!

GALAXY S7 / GALAXY S7 EDGE : アンドロイド王者!?

iPhone SE : 4インチ最強

iPad Pro 9.7インチ : 俺のアイパッドがこんなに・・・

MOTO X PLAY : バッテリー最強

ZENFONE MAX : 上には上が

LG G5 : Waku-Waku!!

2016年に発売予定のスマホ,タブレット,パソコンは?

Moto X Force:割れないディスプレイ

LG V10:現最高のスマホカメラ&Screen

HTC ONE A9:パクられたiPhone!

Acer Liquid Z530:初心者用

Surface Book:価格も性能も高!

Huawei MediaPad M2 8.0:オールラウンダー

Asus ZenPad 8.0:通話も可能!

Asus Zenfone Selfie:セルフィー好きなら

ZTE Blade V6:お得感満載

Liquid Z330:超激安スマホ

Honor6 Plus:いいのかこの価格(値段)で!

HTC Desire 626:吾輩は格安スマホである

Huawei Mate S:価格(値段)が問題かも!?

SONY XPERIA Z5  / Z5 COMPACT  / Z5 PREMIUM:時期尚早!

IPAD PRO:巨大化成功!?

MICROSOFT SURFACE PRO 4:ペコペコ

NEXUS 5X / NEXUS 6P:綺麗なマシュマロは好きですか?

IPAD MINI 4:確かなアップグレード

IPHONE 6S / IPHONE 6S PLUS:地球代表!

LENOVO YOGA TABLET 2:格安なのに高クオリティ

ASUS ZENFONE 2 LASER:レーザービーム!

KINDLE PAPERWHITE 2015レビュー

HUAWEI P8Lite:惜しい!

MICROSOFT SURFACE 3 :遂に使えるようになった!

ASUS MEMO PAD 7(ME572CL)LTE SIMフリー版:さらばNEXUS7(ネクサス7)!

ASUS ZENFONE2(ゼンフォン2):最強伝説

ASCEND MATE 7:超おすすめ6インチ型スマホ!

ASUS ZENFONE5(ゼンフォン5):コスパの王様!

LG G2 MINI(G2ミニ)D620J:ミニなのにミニじゃない!

Huawei Ascend G620S(アセンドG620S):無難な格安スマホ

LG G3 BEAT:モタモタしてちゃダメ!

Huawei Ascend G6(アセンドG6):残念なディスプレイ

ZTE BLADE VEC 4G:コスパの女王様!でも唯一の弱点は・・・

Huawei MediaPad M1 8.0 LTE(メディアパッドM1):悪くはないけど・・

NEXUS5(ネクサス5):アンドロイド代表スマホ。全てを許します!

NEXUS6(ネクサス6):アンドロイド代表ファブレットが格安で登場。

NEXUS7(ネクサス7)2013新型:完璧に近いタブレット。なのにこの値段は・・

NEXUS9(ネクサス9):タブレットでアンドロイドを堪能するならこれ!





カテゴリー: 全体記事 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク